匠本舗のおせちは本当に評判通り?人気の理由を探る

匠本舗のおせち

通販おせちのランキングで常に上位にいる匠本舗。口コミを読んでも良い評判がとても多いです。本当に匠本舗のおせちは良いのでしょうか?美味しさへのこだわりや品揃え、お届け方法の変更など匠本舗の特徴について、他ではなかなか書かれていないことをズバッとお伝えします。

匠本舗は信頼できるおせち通販か?運営会社もチェック

株式会社スカイネット

おせちを販売している匠本舗は、株式会社スカイネットが運営しています。大阪に本社を置くネット通販の会社です。販売している商品は、おせち以外にも海鮮物や畜産物、おかず(総菜)ですが、一番のウリはなんといってもカニ。販売している商品の約4割をカニが占めています。

次にうにやいくら、数の子、うなぎといった海産物が約3割になります。これだけカニや海産物に力を入れているので、おせちに入っているカニや数の子、いくらも期待できます。どれくらいネットで売れている通販かというと、毎年行われるネットショップ大賞に8年連続で表彰されています。

ネットショップ大賞とは、通販総合支援の株式会社Eストアーに登録している1万1,600店舗の中から毎年選ばれる賞で、単に売れているだけでは選ばれません。リピート率や会員数も対象になります。私が注目したいのは、「リピート率」。これはネットに限った話ではありませんが、気持ちよく買い物ができると次もまたそのお店を利用してしまいます。

口コミやレビュー同様、リピート率もそのサイトが安心できるサイトかを判断する材料になります。平成19年に設立した匠本舗。会社としてはまだ新しい会社ですが、社長の美味しい物を食べる幸せを提供したいという気持ちが多くの人に届いているようです。

匠本舗がおせちにこだわる3つのポイント

安心・安全にこだわる匠本舗

匠本舗の安心・安全こだわり

匠本舗のこだわりは何といっても安全性と安心感。匠本舗のおせちはすべて、中国産の主原料をはじめ、合成着色料や保存料をまったく使用していません。また、食物アレルギーにも対応すべく、使用しているすべての食品について主原料・原産地・アレルゲンなどを一覧表に明記しています。

匠本舗の安心感はそれだけじゃありません。料理の腐敗や変色などを防ぐためやむを得ず使用する添加物についても、アレルゲンなどと並べて一覧表に隠さず記載しています。

国産を中心に選ばれている主原料、アレルギーを起こしやすいという理由で表示が義務付けられている7つの特定原材料(卵・乳・小麦・エビ・カニ・そば・落花生)以外の食材もきちんと表示している点でも、匠本舗は安心です。

美味しさにこだわる匠本舗

匠本舗の品評会

新しい年を祝うおせちだからこそ、見た目以上にこわだりたいのが料理の美味しさ。匠本舗の料理を愛するリピーターにも飽きることなく美味しく食べてもらえるようにと毎年、努力と工夫を重ねています。今年は定番の料亭以外にも、京都では祇園・洛北・御所南の3つ、大阪では北新地で評判の名店料理、合計4つのおせちが新登場しています。

ほかにも、購入者アンケートや主婦の意見を参考にする品評会も開催。厳選した各地の料亭とは、料理について話し合いを何度も重ねています。おせちの種類についても、和風だけでなく和洋中折衷のおせちなど、幅広い年代に喜ばれる料理も提供。匠本舗はどの料理も食べる人の立場にたち、情熱をもって美味しさを追求したおせちです。

価格にこだわる匠本舗

どんなに立派で豪華なおせちでも、高価なおせちでは手が出ません。おせちはお正月の食卓にマッチする華やかさと、縁起を担いだおめでたい料理や食材。そして、料理のボリューム感も重要です。ところが、おせちに欠かせない肉・魚・野菜などの価格は、年々高値になる状況が続いています。

匠本舗では、納得できる価格に挑戦するための工夫もしています。例えば、おせちには珍しい飯借(ままかり)やナマコ酢などの郷土料理。おせちにはちょっと珍しい地域ならではの料理を積極的に取り入れつつ、コストを抑えながら食の安全性・美味しさ・ボリューム感のバランスを保つ努力と工夫をしています。

おせち料理の品揃えやバリエーションが豊富

匠本舗のおせちは料理の品揃えが多く、バリエーションも豊富。全国13箇所の名店・人気料亭が監修したおせちの詳細や、料理のバリエーションについても詳しくご紹介していきます。

◆京都の料亭・名店◆

祇園料亭「岩元」の詳細&おせち

京都祇園「岩元」は季節感のある懐石料理で有名な料亭です。「岩元」監修のおせちは匠本舗で販売数No.1。バリエーションは定価1万8,800円の「匠」3~4人前と、3万8,800円の「極」7~8人前の2種類あります。

エビやアワビなどは鮮度を保つため、活きたまま加熱するこだわりの調理法。家族で、または仲間といっしょに食べる人数に応じて選べ、価格にも納得できると人気のおせちです。

祇園料亭「華舞」の詳細&おせち

「岩元」と同じ京都祇園で人気の料亭「華舞」。祇園の華やかさを表現した懐石料理や、京野菜を使った京都らしい料理が特徴です。「華舞」監修のおせちは、主婦を対象にした匠本舗のおせち品評会で豪華おせちNo.1に選ばれました。

おせちは定価7万円の「宝の舞」6~7人前と5万円の「富の舞」4~5人前の2種類。料理は和洋折衷でカラスミやアワビ、ローストビーフやフォアグラなど超プレミアムな食材がギッシリ詰められている匠本舗オリジナルです。

東山料亭「道楽」の詳細&おせち

京都東山の料亭「道楽」は創業380年になる老舗。江戸時代から受け継がれている料理が味わえる料亭で、匠本舗でもリピーターに人気No.1おせちとして注目されています。

料亭「道楽」監修のバリエーションは、定価1万8,800円の「清新」3~4人前と、定価3万2,000円の「新玉の息吹」5~6人前の2種類。今年のおせちはご飯やお酒に合う料理を増やし、家族で楽しめるおせちにリニューアルされました。

円山料亭「東観荘」の詳細&おせち

京都円山で創業150年の老舗料亭「東観荘」。伝統文化である日本食を今に伝える有名料亭「東観荘」が監修したおせちは、匠本舗の品評会で総合評価No.1です。料理のバリエーションは、定価2万1,000円の「松寿千」3~4人前と、定価3万2,000円の「華寿千」5~6人前。

購入者からのリクエストが多かった縁起の良いお料理を追加した料亭「東観荘」監修おせち。豪華さもボリューム感も満点です。

京都嵐山「野村佃煮」の詳細&おせち

京都のおばんざい(お惣菜)店が原点の「野村佃煮」は、嵐山みやげの有名店でもあります。おせち料理は創業80年という伝統の味と、家庭の温かみや懐かしさが合いまった京都の定番メニューがたっぷり

3~4人前の「昔ながらの京おせち」定価1万9,400円は、おせちに欠かせない祝い肴三種、出世魚であるブリ。縁起のいい食材が複数使われている松前漬けなど、とことん味にこだわった美味しいおせちです。

御所南料亭「やまの」の詳細&おせち

京都御所の南に位置する地に店を構える料亭「やまの」は、素材を最大限に活かした調理法なので地酒との相性もバッチリ。本格的な京料理が手軽に味わえると仕出し料理も大評判です。

匠本舗でも食材の味や風味を活かし、お正月らしい色彩を意識した「やまの」監修のおせち。定価2万5,000円の「珠天箱」4人前はエビ・カニ・アワビなど海の幸がギッシリ盛り付けられた和洋折衷。宝石箱のような美しい彩りの「珠天箱」をギュッと小さくした2人前の「双葉」1万3,300円も華やかなおせちです。

宇治料亭「萬」の詳細&おせち

中国風の精進料理「普茶(ふちゃ)料理」や懐石料理が評判の「萬」。京都伝統の料理や食材を中心にアレンジを加えたのが匠本舗のおせち「萬華鏡」。6~7人前のボリューム感で定価3万6,000円です。

料理はたくさんの福を重なるようにとの願いを込めた5段重。おせち定番のメニューのほかにエビやサーモンの新丈、甘栗の渋皮煮など手の込んだこだわり料理も多い食欲そそるおせちです。

京都岡崎「味ま野」の詳細&おせち

京都で創業100年の「味ま野」。創業当時からの作り方を守り、地元でも愛される料理店です。今年から匠本舗でもおせちを販売することになった料理店の1つになります。

京料理が充実している定価2万2,500円の「花柳」3~4人前は、本格的な和風おせちです。ちりめん山椒や竹麩など、おせちを食べながら京都料理も楽しめます。

◆全国の料亭・名店◆

函館老舗ホテル「花びし」の詳細&おせち

北海道函館のホテル「花びし」は山の幸と海の幸、温泉まで楽しめる人気ホテルです。地元の新鮮食材を使った料理が評判で、リピーターが絶えません。匠本舗で花びしが監修しているおせちは、和・洋・中の3種類を楽しめます

バリエーションは定価1万3,300円の「絢珠」2~3人前と、2万円の「三宝」3~4人前、2万1,500円の「絢華」4~5人前の3種類です。どれらも人気の高い洋風メニューを増やし、マヨネーズ味や辛くないチリ味など子どもウケも意識したちょっと大胆なおせちです。

銀座料亭「遠音近音」の詳細&おせち

東京銀座の名店「遠音近音」は、瀬戸内海の幸をふるまう広島県で有名な日本料理が美味しい温泉宿。出店した東京銀座でも「遠音近音」らしい海鮮いっぱいの料理が人気です。

「遠音近音」監修のおせちは定価2万8,000円の「輝希」4~5人前。広島といえばカキ料理ということで、匠本舗のおせちでも大粒カキのオイル煮(コンフィ)など、海鮮をふんわりジューシーに仕上げる工夫がなされています。

有名シェフ監修の詳細&おせち

テレビなどでもお馴染みの大阪出身の林裕人シェフ。和食・洋食・中華・洋菓子などオールマイティーな人気の高い料理人です。匠本舗のおせち品評会では、みんなをワッと喜ばせたいおせちに選ばれています。

話題性が高い理由の1つは、38cm四方にもなる超特大の重箱。通常サイズと比べると3倍以上もあります。林裕人シェフ監修のおせちは、定価2万2,000円の「超特大宝船」4~5人前。話題の理由はもちろん味も。黒豆にコーヒーの風味を効かせたり、定番の金団にリンゴを加えさっぱり食べられるリンゴ金団といった新作メニューも注目されています。

大阪北新地「はし本」の詳細&おせち

大阪北新地にある日本料理店「はし本」は、季節感を大切にした料理を提供しています。「はし本」のおせちは二段重に50品の料理が詰め込まれており、定番料理から創作料理まで楽しめるおせちです。

2~3人前で定価2万1,000円の「喜翔」は、アワビやカニ、海老、帆立、ばい貝など海鮮に特にこだわっています。「味ま野」同様、匠本舗に今年からラインナップされたおせちです。

おせちの配送トラブルを予防する匠本舗3つの対策

宅配

宅配業者にとって年末年始は最も忙しい時期です。道路は帰省や旅行客で大渋滞、扱う荷物も大幅に増える上、悪天候によって交通事情が悪化してしまうこともあります。

予約したおせちが届けられるのは、宅配業者が一番忙しくなる時期とバッチリ重なってしまうので、指定した日時におせちが届かないというトラブルが起こりやすくなってしまうのです。

そこで、匠本舗は配送トラブルを予防する3つの対策を定めました。予防策の内容について詳しくお話していきます。

1.おせち配送日は12/29・30・31になり、日時指定はできません

今まではおせちの配達日が12/30のみ、お届け時間は希望の時間帯を指定することができました。ところが、配送日を12/30だけに絞ってしまうと荷物が増える年末はどうしても遅延が出てしまいがち。そこで、少しでも遅延などの配送トラブルを減らせるようにと考えられた1つが、配送日の見直しです。

新たにスタートした仕組みは、まずは配送日を12/29・30・31のいずれかとしておきます。確実な配送日が決まる12月以降に順次、匠本舗からメール・ハガキで正式な配送の連絡があります。

2.決済方法は5種類、おせちに限り代引きNG

おせちの代金支払いは、銀行・郵便口座への振り込みやクレジットカード払い、楽天など通販サイトのポイント払いや、代引きによる決済方法などが代表的です。代引きとは、商品を受け取るときに宅配業者に代金を支払うシステム。

クレジットカード番号などの重要な個人情報を公開せず、または代金の全額が手元にまだ揃っていない状態でも欲しい商品をすぐに注文できる点が代引き最大のメリット。そんな便利な代引きですが、荷物の受け取りがスムーズにできないと、困った問題を招くことになります。

おせちは冷凍や冷蔵など種類はありますが、どちらも生鮮食品なのでクール便の扱いです。不在で受け取りミスが続くと、おせちは業者へ返送されてしまいます

そうなると、楽しみにしていたおせちは当然、年内に受け取ることができません。そこで匠本舗では、年末の代引決済による配送トラブルを減らすため、おせちに限り代引での支払いを不可としています。

3.カニ・海産物などの取り扱いを一部制限

匠本舗ではおせちのほかに、カニや海産物などを多く取り扱っています。年末はおせちの出荷が集中するので、配送トラブルを減らすためにおせち以外の取り扱いを制限しています。

ただし、匠本舗のカタログ「おせち号」に掲載されている厳選品だけは例外。数の子やタラ、カキやホタテなどの佃煮や松前漬けなど海産物のお惣菜が14種類、紀州梅干し8種類と高糖度で人気の鹿児島県サツマイモなど、合計24種類の厳選された商品だけは、おせちと一緒に注文することが可能です。

【匠本舗のお得情報】早割、ポイント、会員登録について

2018年匠本舗おせちサイト

早割を利用してお得に♪

通販おせちを注文するなら、早割を利用するとお得です。匠本舗では8月からおせちの先行予約の受付をスタートしています。割引率は予約する時期によって段階的に異なります。早い時期からの予約は、おせちをよりお得に購入できるチャンス。匠本舗のおせち早割の詳細について一例を挙げます。

◆ 京都祇園「岩元」監修 ◆

匠本舗おせち「岩元」早割期間・早割額
「匠」
3~4人前
通常価格(税・送料込)
1万8,800円→1万4,300円
9/30まで -4,500円
23%引き


通常価格(税・送料込)
1万8,800円→1万4,800円
10/31まで -4,000円
21%引き


通常価格(税・送料込)
1万8,800円→1万5,300円
11/30まで -3,500円
18%引き
「極」
7~8人前
通常価格(税・送料込)
3万8,800円→2万6,300円
9/30まで -12,500円
32%引き


通常価格(税・送料込)
3万8,800円→2万6,800円
10/31まで -1万2,000円
30%引き


通常価格(税・送料込)
3万8,800円→2万7,300円
11/30まで -1万1,500円
29%引き

◆ 京都東山「道楽」監修 ◆

匠本舗おせち「道楽」早割期間・早割額
「清新」
3~4人前
通常価格(税・送料込)
1万8,800円→1万4,300円
9/30まで -4,500円
23%引き


通常価格(税・送料込)
1万8,800円→1万4,800円
10/31まで -4,000円
21%引き


通常価格(税・送料込)
1万8,800円→1万5,300円
11/30まで -3,500円
18%引き
「新玉の息吹」
5~6人前
通常価格(税・送料込)
3万2,000円→2万2,000円
9/30まで -1万円
31%引き


通常価格(税・送料込)
3万2,000円→2万2,500円
10/31まで -9,500円
29%引き


通常価格(税・送料込)
3万2,000円→2万3,000円
11/30まで -9,000円
29%引き

◆ 京都円山「東観荘」監修 ◆

匠本舗おせち「東観荘」早割期間・早割額
「松寿千」
3~4人前
通常価格(税・送料込)
2万1,000円→1万6,300円
9/30まで -4,700円
22%引き


通常価格(税・送料込)
2万1,000円→1万6,800円
10/31まで -4,200円
20%引き


通常価格(税・送料込)
2万1,000円円→1万7,300円
11/30まで -3,700円
17%引き
「華寿千」
5~6人前
通常価格(税・送料込)
3万2,000円→2万2,000円
9/30まで -1万円
31%引き


通常価格(税・送料込)
3万2,000円→2万2,500円
10/31まで -9,500円
29%引き


通常価格(税・送料込)
3万2,000円→2万3,000円
11/30まで -9,000円
29%引き

会員登録すればお得♪

匠本舗のおせちを予約する時は、会員になるとお得です。注文時の会員登録はしてもしなくても購入可能ですが、登録をするとお得な情報がメールや手紙で届きます

登録はカンタン。通販サイトの「新規会員登録ページ」に住所や氏名などを入力するだけで終了です。会員登録をしておけば、次回注文するときに届け先の情報を入力しなくていいのでラクチンです。

ポイントをゲットしてお得♪

匠本舗でおせちを購入するとポイントが付きます。しかし、ポイントは会員登録しないと付きません。会員になれば、送料や消費税、代引き手数料すべてを含む金額の5%が付与されます。

貯まったポイントは次の買い物で1ポイント=1円として使えます。たとえば、2万円のおせちを購入するとポイントは1,000円分付くことになります。親せきや仲間たちと大人数でゴージャスに食べる大型おせち「京の舞」なら、3,500円分も付くため、ポイントでカニを購入することもできます。

メルマガを購読してお得♪

匠本舗では無料のメールマガジン「匠本舗通信」を発行しています。メルマガではお得なセール情報や、入荷情報を一足早く知ることができるなど、お得な情報が盛り沢山です。メルマガの購読方法は、メールアドレス・氏名・郵便番号・住所・電話番号を匠本舗にメールするだけなので簡単です。

解除もいつでもできます。送られてきたメールマガジンには必ず、「メルマガの解除→解除する」という項目があります。

まとめ

  • 匠本舗は顧客数やリピート率が高い
  • 中国産の原材料や保存料などを使用しないから安心
  • おせち発送日は確定次第、匠本舗から連絡あり
  • 美味しさと価格のバランスがよく注文しやすい
  • 配送トラブルをなくすための予防対策を行っている
  • 早割やポイント付与などを上手に利用するとよりお得

匠本舗のポリシーは安心して食べられる素材、満足できる味や納得価格。そして、新年を祝う席で囲むおせちだからこそ、オリジナリティーにもこだわっています。京都を中心に北海道や大阪、銀座などの料亭監修のおせちを商品化している匠本舗。

オリジナルにこだわるため「匠本舗でしか食べられないおせち」をテーマに、各料亭の職人たちと試行錯誤で作り上げる徹底ぶりです。伝統の和食や洋食、いろいろな料理が一度に食べられる和洋中折衷など、おせちのバリエーションが豊富なのも人気の理由です。

食べた人の満足度95%と累計75万個もの販売数をキープしているのは、リピーターも食べてみたくなる魅力的な料理ばかりだからこそ。匠本舗のおせちは評判通り、安心して注文できる通販おせちです。

匠本舗岩本「匠」おせち

→匠本舗おせち「岩本」を実際に取り寄せて食べてみました